【骨盤エクササイズ】で不調を解消!

TIDA's hug  骨盤エクササイズトレーナー 小川じゅん



骨盤がゆがむ、ゆるむなどよく耳にしますが、本当にそういう状態になってしまっているのでしょうか? もしかしたら、勘違い!? それは骨盤回りの筋肉が関係していると言ったら驚きでしょうか。

例えば産後。 重たい赤ちゃんを10ヶ月間支えた骨盤底筋郡は、赤ちゃんが子宮から出た後には、伸びきっています。 たるんだお腹は鍛えないと引き締まりません。 それと同じで、骨盤底筋も伸びたまま、放っておいても元にはあまり戻りません。

また、出産経験が無くとも膣や会陰が冷え、乾いたり硬くなったりすると骨盤底筋が衰えてきます。

骨盤底筋が衰えてくると、尿もれや、便秘、便もれ、そして、膣口から臓器が出てきてしまう骨盤臓器脱という疾患になる可能性もあります。

加齢やホルモンバランスにより、骨盤底筋が衰えてくるのももちろん。

他にも、たくさんの不調をもたらす骨盤底筋郡の衰え。

そんなお話を交えながら、エクササイズをゆっくり楽しく行います。


骨盤エクササイズのようす


ご自宅で立ったまま簡単に出来るエクササイズとしては、お料理しながら 『カカトとカカト、太腿と太腿をしっかり付けて、カカトをアップ、ダウン』 骨盤底筋を意識して行うだけで、変化がみられます。


上半身と下半身を真ん中で支えている骨盤は、体の中で重要な役割を果たしています。 その下にある骨盤底筋郡の健康を保つ為、骨盤エクササイズをお勧め致します。


TIDA's hugページ(骨盤エクササイズのお問い合わせ)

263回の閲覧