「自分の身体に尋ねること」

気功整体ヒーリングサロン Rapista 健康管理士 小川ゆきこ


自分の身体のことを一番知っているのは自分であるというのは本当ですね。

こちらもその方の身体に触れて改善させていきますが、なかなか根本解決までは至りません。

もちろん最初より断然良くなりますが、「芯が残る」感じがします。

そこに触れることができるのが潜在意識を活用することでした。

人の身体や心の中の痛みや不調。その根本的な原因は本人しかわからない。

といっても、本人にもわからないので、本人の潜在意識に尋ねていく。

すると、解決方法まで教えてくれたりするので、回復が早い。

その潜在意識の答えが、今世だけに限らず過去世だったり家系だったりエネルギーアタックだったりするので、本人が「こんなのありえない」って思ってしまうとうまくアクセスできない。

ありえなくてもアリなので、ぜひ言葉にしてみてほしいですね。

頭が考えていることと、身体が感じていることにはギャップがあります。

身体の声に気づけると、心がホッとします。



19回の閲覧